初心者やこれから興味持って始めたい方に特におススメのサイトです(^^♪

仮想通貨ビットコインは例年10月が強気相場と世界一取引所バイナンスCEO語る

日本でも有名な、海外仮想通貨取引所Binance(バイナンス)のCEOが、こんな声明を発表!


ビットコインは強気相場になる。特に10月と12月はいい時期だ。」

仮想通貨、ビットコインは長期下落トレンド、なかなか上昇のきっかけをつかめません。

日本の仮想通貨取引所Zaifでも最近ハッキングにより、仮想通貨が盗まれました。

今回、世界一の仮想通貨取引所バイナンスのCEOジャオ氏はなぜ、ビットコインは10月に強気相場になると予想したかというと、

「過去がそうだったから」だそうです。

昨年のこの時期は毎日、毎日ぐんぐん仮想通貨、ビットコインの価格が上昇していました。

おととし、2016年についても見てみると、


2016年10月 611ドル → 711ドル(16%アップ)

確かに上がっている。

さらに、2015年はどうか。

2015年10月 236ドル → 325ドル(38%アップ)
確かに上がっています!


秋頃から年末にかけて、3年連続で上昇しているのは確かですので、何か周期的なものがある可能性は
大いにあります。

ビットコイン先物SQ」(日本時間9月29日0時)


10月1日~2日のXRPのSWELL通過これらも価格変動の要因になるか。

期待しています。

いよいよ、真打ち登場!SBIホールディングスがブロックチェーン決済用コイン『Sコイン』実用化へ☆

SBIホールディングスは、

満を持して2018年6月に仮想通貨取引所に参入しました!
『SBIバーチャルカレンシーズ』

SBIといえば北尾氏、彼はブロックチェーンが利用される分野は金融業界に止まらないと主張する。
非金融業界にもブロックチェーンを導入していけるように約180億円に及ぶ投資を行っている。

過去記事はこちら↓
aaa009.hatenadiary.jp



9/25本日発表されたのは来月10月からブロックチェーン/DLT(分散型台帳技術)を使った「Sコインプラットフォーム」によって発行する「Sコイン」の実用化に向けた実験を実施すると発表されました。

Sコインは、スマホ決済が可能となる予定。
これにより、一気に仮想通貨の実用性が高まる期待が持てます。


まずはSBIの社員対象とし、SBIホールディングスが入居する泉ガーデンタワーの飲食店等で、スタンプ認証によりキャッシュレスで決済できるシステムを構築する予定。


いずれは決済分野における分散型台帳技術を実用化して、キャッシュレスの促進へ繋げていくことになりそう。注目ですね!

今こちらのブログに力を入れて毎日更新しています。良かったら一度見に来て下さい。
aaa009.hatenadiary.jp

久しぶりに仮想通貨関連の話題

コインチェックを買収したマネックス証券が、

口座を保有する顧客に対して、

アンケートを実施した結果が発表されました。

そのアンケートによれば、

「仮想通貨に投資している」と回答した人が

全体の11.0%と、

前回(2018年5月から6月に実施)の10.2%から、

0.8ポイント増えていることがわかりました。

去年の年末頃から今年のはじめの時期であれば、

テレビCMもたくさん流れていましたし、


連日のようにニュースで、

仮想通貨で儲かった人の話が放送されていましたが


最近は、仮想通貨が一般のメディアに流れることは

少なくなっています。

Zaifがハッキングされたとか、悪いニュースばかり流していますね!

そんな中で、0.8ポイントとはいえ、

仮想通貨へ投資している人の割合が増えているのは、非常に興味深いですね (^_^)


あとは、

「仮想通貨に興味があるが、まだ投資していない」

と回答した人が28.1%もいることもわかりました。



この回答をした人の「投資をしていない」理由など

詳細は発表されていませんが、


今のビットコインは「下降トレンドを抜け出した」

というには、ちょっとまだ時期尚早と考える

投資家も多いので、


上昇トレンドに変わってから投資しよう、

という人も多くいるでしょう (^_^)

空売りができるFXトレーダーであれば、

下降トレンドでも利益が出せますが、

現物売買をする投資家なら、

「買い」からしか入れないので、


底を打ったことを確認してから

参入したいですよね (^_^)


それがわかれば苦労しないよという声も聞こえてきそうですが。

更にアンケートによると、

「仮想通貨に興味がない」と回答した人も、

59.8%もいるようです。


もちろん、この59.8%の人が、

将来的に全員仮想通貨投資に

参入するわけではありませんが、


これも上昇トレンドに変われば、

興味が出て参入する人が何割かはいるでしょう。

これらの、いわば予備軍の人達と、

去年、仮想通貨に投資して大きく利益を出した後、

大金を用意して、

じっと再度上昇トレンドになることを

待っているであろう、仮想通貨長者を考えると、

仮想通貨も、まだまだ伸びしろがあるのでは?

と考えさせられます。


今回はここまで。最後まで読んで頂きありがとうございました!

aaa009.hatenadiary.jp

【超速報】大坂ハンパないって!大坂なおみ 全米オープン優勝日本人初の快挙!!!

やったー(^ω^)

つい先ほど終わったばかり、
日本中が歓喜

f:id:AAA009:20180909073045j:plain

ストレート勝ちの横綱相撲☆☆

準決勝のキーズ戦も強かったが、
決勝もあの元世界女王セリーナ・ウィリアムズ相手に圧倒的な強さを発揮!6-2 6-4のストレート勝ち!

f:id:AAA009:20180909073555j:plain

錦織圭もベスト4と頑張りましたし、テニス界がますます盛り上がりますね(^O^)

以上、速報でした!

イランでビットコインが267万円まで爆上げ!!!いよいよ2018年末に向け仮想通貨の反撃開始か☆

2018年9月4日、イランの仮想通貨取引所『EXIR』

ビットコインの価格が、日本円に換算して267万円まで高騰しました!!! 

この時、日本の仮想通貨取引所ビットコイン価格は、80万円前後でした。 

 

なっ、なぜ、この爆上げが起きたのか!?

 

実はイランは核開発を進めている国ですが、アメリカがイランへ経済制裁を実施する可能性が

出てきたことが、原因と言われています。

 

経済制裁の噂により、イランの法定通貨『リアル』の価値は、

米ドルに対して、かつてないほど低下しています。

 

アメリカのトランプ大統領が行おうとしている経済制裁は、

イランの経済の主軸である石油に対して、

輸出ルートの制限や

国際機関からの中央銀行締め出しなど

が考えられています。

 

 ここで重要なことは、仮想通貨には資産価値の保存という機能があることです。

 

つまり、不安定な自国の法定通貨を保持するよりも

他の安定している国の法定通貨仮想通貨に両替した方が安全

 という考えから、

法定通貨からビットコインに両替された

ということも大きな理由として考えられます。

 

この動きから、アメリカの経済制裁の動きにより新興国の通貨安が進んでいますが資産家、投資家が仮想通貨として資産価値を保存しようとする動きは世界中で広まるのではないかと私は予想します。

 

そうなると全体のビットコインの価格の上昇に繋がるのではないでしょうか。 

 

また、イランは、仮想通貨マイニングを政府公認の産業としよう

という動きがあることも噂されています。

 

さらにイランは、ベネズエラの「ペトロ」のように、

独自の仮想通貨を発行して対応しようとしているとの噂もあります。

 

核兵器の開発はいかがなものかとは思いますが、今後のイランの動きは色んな意味で注目です。

 

以上、今回はここまで。最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【注目】アメリカで野球、バスケ、アメフトなど賭博解禁へ!

仮想通貨市場は低調。ビットコイン90万円前半で推移。

さて、仮想通貨とは違いますが、注目のニュースが入ったので今回はその話題。
お名前.com

米連邦最高裁判所は、野球やバスケットボール、アメリカンフットボールなどスポーツの
賭博の解禁を認める判断を示しました。

米国ではすでに年1500億ドル(約16兆4500億円)規模の非合法のスポーツ賭博市場があるとされ、
最高裁の判断を受けて数社が早速参入を表明した。

米国では1992年、スポーツ賭博がビジネスとして成立していたネバダデラウェア、モンタナ、オレゴン
4州を除くすべての州で、プロスポーツと大学スポーツを対象とした賭博が連邦法で違法とされた。

これに対してニュージャージー(New Jersey)州は長年にわたり、スポーツ賭博を行う権利を求める活動を展開。
最高裁は14日、判事9人のうち賛成6人、反対3人で、スポーツ賭博を法律で禁じるのは違憲と判断した。

最高裁の判断を受けて、米国の大手ファンタジースポーツ企業、ファンデュエルとドラフトキングズは
直ちに声明を出し、スポーツ賭博市場に参入する方針を明らかにした。

ドラフトキングズのジェーソン・ロビンズ最高経営責任者(CEO)は「大勢のアメリカ人にとって朗報だ。
彼らは毎年、国外の闇市場ブックメーカー(賭け業者)を使って違法に1500億ドルの賭けをしている」と
述べた。

すでにネバダ州でスポーツ賭博業を行っている英ブックメーカー、ウィリアムヒルも声明で、
全米への事業拡大に進出に意欲を示した。
ロンドン発!スーパーモデル開発のヘルシーグラノ─ラ『QNOLA』


不動産王のドナルド・トランプ米大統領も、かつてニュージャージー州のアトランティックシティーに
所有していたホテルやカジノが経営難に陥った際、その立て直しのためスポーツ賭博の解禁を求めたことがある。
VIP&セレブ専門。医師、弁護士、CA,秘書など、選ばれた方のための結婚相談所。厳選された会員の中からお相手をご紹介。羨望婚ならM’sブライダル・エグゼクティブ

今後どうなっていくか楽しみですね。
以上、今回はここまで。最後まで読んで頂きありがとうございました!