初心者やこれから興味持って始めたい方に特におススメのサイトです(^^♪

【注目】アメリカで野球、バスケ、アメフトなど賭博解禁へ!

仮想通貨市場は低調。ビットコイン90万円前半で推移。

さて、仮想通貨とは違いますが、注目のニュースが入ったので今回はその話題。
お名前.com

米連邦最高裁判所は、野球やバスケットボール、アメリカンフットボールなどスポーツの
賭博の解禁を認める判断を示しました。

米国ではすでに年1500億ドル(約16兆4500億円)規模の非合法のスポーツ賭博市場があるとされ、
最高裁の判断を受けて数社が早速参入を表明した。

米国では1992年、スポーツ賭博がビジネスとして成立していたネバダデラウェア、モンタナ、オレゴン
4州を除くすべての州で、プロスポーツと大学スポーツを対象とした賭博が連邦法で違法とされた。

これに対してニュージャージー(New Jersey)州は長年にわたり、スポーツ賭博を行う権利を求める活動を展開。
最高裁は14日、判事9人のうち賛成6人、反対3人で、スポーツ賭博を法律で禁じるのは違憲と判断した。

最高裁の判断を受けて、米国の大手ファンタジースポーツ企業、ファンデュエルとドラフトキングズは
直ちに声明を出し、スポーツ賭博市場に参入する方針を明らかにした。

ドラフトキングズのジェーソン・ロビンズ最高経営責任者(CEO)は「大勢のアメリカ人にとって朗報だ。
彼らは毎年、国外の闇市場ブックメーカー(賭け業者)を使って違法に1500億ドルの賭けをしている」と
述べた。

すでにネバダ州でスポーツ賭博業を行っている英ブックメーカー、ウィリアムヒルも声明で、
全米への事業拡大に進出に意欲を示した。

不動産王のドナルド・トランプ米大統領も、かつてニュージャージー州のアトランティックシティーに
所有していたホテルやカジノが経営難に陥った際、その立て直しのためスポーツ賭博の解禁を求めたことがある。
VIP&セレブ専門。医師、弁護士、CA,秘書など、選ばれた方のための結婚相談所。厳選された会員の中からお相手をご紹介。羨望婚ならM’sブライダル・エグゼクティブ

今後どうなっていくか楽しみですね。
以上、今回はここまで。最後まで読んで頂きありがとうございました!